excitemusic

飛びたいペンギンが日々を語る短気集中ブログ。全36日分。楽しんでってください。
by penpen-kyoudai
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
●ありがとうございました!●
当ブログは05年10月9日をもって終了いたしました。今までかわいがってくださってありがとうございました!
(注・当ブログの絵や文章には著作権がありますので転写・転載等の無断使用はご遠慮くださいますようお願いいたします)

御用の方は
matsushita_ruka@
mail.goo.ne.jp
までお願いします。
最新のトラックバック
10/17号
from 日刊エキブロ新聞
せつなくてたのしくて勇気..
from あーくの手作りブログ。 ②
ペンギンおもろい
from ハニハニ回覧板
面白いペンギンの物語
from 丱
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:10日目〜( 5 )

13日目の続き

e0067261_2131750.jpg

スゲースゲー!
伝説の渡り鳥・デカワタリが
目の前にいるよ!
俺、初めて見ちゃったよ!

デカワタリさん
ほんとでっかいねぇ!
e0067261_2134672.jpg


デカワタリさんは
100年以上生きてる大先輩だった。
礼儀にはキビシイようだ。
今後は気をつけないと。

敬意をはらって
これからはアニキと呼ばせていただこう。
e0067261_2142113.jpg


アニキは渡りの途中に
ケガをして泳げないでいるゾウアザラシを見つけて
ほっとけなくなって
一番近いこの海岸まで運んできたらしい。

でも、重いゾウアザラシ運んで
だいぶ体力使っちゃったから
一ヶ月ぐらいはこの海岸で
休んでいくってさ。
(渡り鳥なのにマイペースだね)

よし!
アニキの体力が回復したら
ウェッデルちゃんをイイトコ島まで
運んでもらおう!
アニキが元気になったら
頼んでみよう!

大丈夫!
きっとOKしてくれる!
デカワタリって一見こわそうだけど
心の優しい鳥だってウワサだもんな!

e0067261_2144992.jpg

ウワサだけかも

次の日記へ
[PR]
by penpen-kyoudai | 2005-09-14 00:43 | 10日目〜

13日目

e0067261_2121875.jpg


こ、これはっ!

伝説の怪鳥・デカワタリ!?

e0067261_5332280.jpg




次の日記へ
[PR]
by penpen-kyoudai | 2005-09-13 00:04 | 10日目〜

12日目

また一晩考えて
ついに俺は確信した。
e0067261_20594476.jpg

ウェッデルちゃんの夢は
実現不可能なんかじゃない!

だってイイトコ島に行く方法は
あるんだよ!
俺、考えついちゃったもん!


=イイトコ島に行く方法=
1・ウェッデルちゃんがすっごく頑張って泳ぐ
2・大きなお魚さんにつかまって運んでもらう
3・ニンゲンに連れていってもらう


どうだ!いい案ばっかりだろ?
俺って頭いいなぁ。
さっそく明日ウェッデルちゃんに
報告に行こう!
e0067261_2102186.jpg


ん?
何か言ったか?ペンサク。
え?
どの案も無理っぽい?
なんでだよ


=ペンサクの反論=
1・泳いで行くには遠すぎる。
  すっごく頑張るとかいう問題じゃなくて。
2・大きな魚はみんな遠くの沖にいるから
  頼みに行けない。
3・ここにはニンゲンがいないし
  ニンゲンが来たのも見たことない。
  (オオタハカセ除く)


なんだよ全否定かよ!
否定するんなら
おまえも何か1個ぐらい
いい案だせよ!

=ペンサクの案=
「すっごく大きなワタリドリさんの背中に乗って
運んでもらう」


鳥?
ウェッデルちゃんを乗せることができる鳥?

e0067261_210594.jpg

どんだけでかい鳥だよ!
いたらすげーよ!
バカッ!


次の日記へ
[PR]
by penpen-kyoudai | 2005-09-12 00:03 | 10日目〜

11日目

だいたいさ
アイドル云々以前に
イイトコ島に戻ること自体が不可能だよな。
遠すぎて
ワタリドリさんぐらいしか行けないもんな。

でも俺は考えた。
e0067261_20581284.jpg

赤ちゃんアザラシが
遠い遠いイイトコ島水族館から流されて
無事にここに辿り着いたという
とんでもないラッキーについて。
(大抵は他の動物に食べられるか
力尽きて死ぬよね)
ウェッデルちゃんはもしかしたら
ラッキーな人生を歩む運命にあるのかもしれない。

辿り着いたとこが
たまたま同種の仲間のたまり場だったってのが
その証拠のような気がする。

だとしたら、
夢の実現もあながち
無謀とは言えないような気がしてきた。

うん
俺はそう思うよ。

ま、俺の「飛ぶ」っていう夢のほうが
実現すんの早いと思うけどね。
だって俺
鳥だもん。
e0067261_20583679.jpg

なんだよ!
この前はたまたま失敗しただけだよ!
こんな写真載せんなよペンサク!


次の日記へ
[PR]
by penpen-kyoudai | 2005-09-11 01:07 | 10日目〜

10日目

ウェッデルちゃんの話をまとめると
こんなかんじだ。

ここから、太陽が沈む方角にまっすぐ進むと
「イイトコ島」という
ニンゲンが暮らしている島がある。
e0067261_20553530.jpg

ウェッデルちゃんは 実は
そこの水族館で生まれたんだそうだ。

生後一年にも満たない頃
島が大洪水に襲われ
ウェッデルちゃんは流されて海に出てしまい
気付いたらここに着いてたらしい。

漂着した海岸に
たまたま同種のアザラシが大勢いて
拾われたのはラッキーだった。

で。
ウェッデルちゃんのママは
たくさんの芸ができるアザラシで
イイトコ島水族館のアイドルだったらしい。
e0067261_205639.jpg


生まれた時からママの活躍ぶりを見ていたウェッデルちゃんは
自分も大人になったら
ママのように芸をして
たくさんのニンゲンに拍手されるアイドルになろうと
心に決めていたらしい。

なのに、運命のイタズラで
ウェッデルちゃんは今
ニンゲンが一人もいない
野生の世界にいる。

ウェッデルちゃんは
いつか必ず水族館に戻って
アイドルになるんだ!という
夢をいだいている。

が、周りのアザラシに話しても
相手にされないらしい。



ウェッデルちゃんの話をそこまで聞いてから
俺達は眠った。

起きてから俺は
ウェッデルちゃんの話について
いろいろ考えた。
その話はまた明日。
e0067261_20563952.jpg


ちなみに俺も子供の頃はフワフワでかわいかったよ。
群れの中で一番かわいいって
大評判だったんだ。
なっ?ペンサク!







なっ?(怒)



次の日記へ
[PR]
by penpen-kyoudai | 2005-09-10 00:14 | 10日目〜